昨日、森のアーティスト村2014イベントの告知して
あさってイベント開催てなわけで。。(+o+)
準備焦っております(汗)
そしていつも妻に怒られます。
『だからもっと早くに準備しておけばよかったのにっ(怒)』<(`^´)>
ごもっともでございます。。。
いつも巻き込んでしまいもうしわけねぇっす(謝)m(__)m
とまぁ子供のような怒られ方をされつつ(笑)準備中でございます(^^)/
ところで、はんこワークショップに使用する八つ杉の木ですが、
先日、最終打合せが終わった後に頂いて参りました。
昨年はちょうど白樺の木を剪定した枝を頂いたのですが、
今年は山桜が落雷か何かで倒木して
道をふさいでしまったものを頂きました(^^)
枝だと言ってもしっかりとした太さです。

余談ですが桜の樹皮を素材にした工芸品を樺細工(かばざいく)と呼びますね。
樹皮がスルッと剥けて非常に丈夫なんですよ。

なんだかんだで職員の方に樹木の説明をしてもらいながら、他に適度な枝が無いか
お付き合い頂いていたら、あーいいなぁって思う素敵な学びに出会いました。

それは、けっこう熱心で優しい職員さんだったのですが、
「この枝どうですか?」
と言ってくださったのはまだ自生している木。
私は、自生している木は、もったいないと思ったのですが、
どうやら、市の管轄の予算のご都合もあるようで、
きちんとした山の整備ができないらしいです・・
だから本来は細く伸びてしまい散策道をふさぐような木は伐採
するのだとか。。

なので、人間の都合的に「これはいらない木」だね。。
なんて思った瞬間。。
その木を切ろうとする職員さんの一言。
「失礼します。伐らせて頂きます。」
・・一礼してノコギリを入れる様。。。
山の恵みに感謝し山の偉大さに敬意を払う。
そしてたとえ雑木であれ自生しているものに一礼してから伐る。。

木を扱う人間としてめっちゃカッコイイし
自分もこうありたい!!って思う素敵な職員さんに出会えました(^o^)/
こんな40才も過ぎた人間に(^^;学びを頂き感謝です!!
あっ!ちなみに先週の森の様子は、まだまだ綺麗な緑の中、
ちらほら赤くなった葉っぱが見える程度でした♪(*^-^*)

今週はどーかな?お天気良いといいのだけど・・
秋晴れになりますよーに(´▽`)

とかく、小さいお子様にはこのイベントたくさんの学びの場が
あると思います!(^^)!
だって子供のように怒られる40過ぎ♂でも学べたのだから(笑)
お近くにお住まいの方は、ぜひともご来場くださいませ~☆m(__)m