昨日のことですが、
この前書いた中三、思春期の反抗したい真っ盛りの息子が
午前中から弁当持って塾に行きました('ω')
どーもテストらしく。。
『今度は、めんどくさがらずにやれやっつ!!』
って心の中で叫びつつ送って行きました(笑)
そんな息子も妻の手づくり弁当はお気に入りらしいです(^^)
でっ、そんな妻が以前ワタクシに指令を出しました。。。
『木の弁当箱を作れ!!』と。。
このミッションを遂行すべく、
『木の弁当箱プロジェクト』が発足したわけで(一人でですが・・)
いざ、商品化も兼ねてとりかかると、
結構大きな壁が立ちはだかっておりました。
かなり試行錯誤したんです。
何個も失敗して(T_T)
それで商品化できたのかとゆ~と、、現在保留中デス!!
失敗っていうと悔しいから(笑)
保留なワケは、実はこのスリム弁当箱、組継ぎという技法で組まれており、木釘で
押さえております。そこに、温かいご飯が入ると若干反りが出て、隙間ができてしまいます。。
ボンドやウレタン塗装でがちがちにしてしまえば大丈夫だと思いますが、
やはり無塗装へのこだわり。。自然派健康弁当箱にしたかったのです。。

それ以外はすごく機能的でおいしいお弁当が食べられるんです!!
まずスリムなので学生鞄や塾の鞄に入れやすい。

なおかつスリムなのにご飯がたくさん入り食べ盛りの息子にもOK♪
なんといっても国産杉の、ほのかな香りとご飯が相性抜群です☆
しかも杉が適度に水分を調湿してくれるので、
冷めたご飯がべたつかず、めっちゃ美味しく食べれるんです!!(^^)/

おかずの段のほうはソースや汁気のあるものなどで、
無塗装の杉が汚くシミになりやすいです。
そんな悩みを解決するべく発見しました!!
なんと内部を古来よりある『焼杉』にすることで、
炭化した表面がシミを防いでくれます。
さらに炭なので、脱臭・抗菌・防カビなどの機能もあると思われ。。(定かではないですが。。(-.-))
てことで、この弁当箱『未完だけど、ナカナカいいぢゃないの』って思ってます(´▽`*)
家族はもしかして『こんなんぢゃだめよ~ダメダメ』って思っているかもしれませんが(汗)

↑ちょいとおかずが盛り過ぎで蓋が閉まってないような悪寒が。。。。('_')
とっ、とにもかくにも(^^; 今も使って頂いております♪(*^-^*)